赤レンガ倉庫の今を楽しむ Brick Journal

みなとみらいの夜空の下、夜の海辺で映画鑑賞『SEASIDE CINEMA 2019 』開催

みなとみらいの夜空の下、夜の海辺で映画鑑賞。ゴールデンウイーク5日間限定の野外シアター。

『SEASIDE CINEMA 2019 』

横浜赤レンガ倉庫やみなとみらいの夜景が一望できる、芝生の広がる赤レンガパークに約450 インチの特設スクリーンを設置し、「米国アカデミー賞ノミネート記念 細田守監督作品特集」と題して、スタジオ地図全面協力の下、史上初となる細田守監督の歴代5作品の野外上映を行います。今年で公開から10 周年を迎え、先日《UPDATE》をテーマに10 周年プロジェクトを行うことが発表され、注目を集めている『サマーウォーズ』を含む、細田守監督の名作を日替わりで上映。最終日には、第91 回アカデミー賞長編アニメーション映画賞にノミネートされ、昨年大ヒットした『未来のミライ』がラストを飾ります。
最高のホリデーシーズンに、光り輝く夜景と、気持ちのよい夜風に揺られながら、海辺のロケーションで、心躍る映画に触れ合う5日間が始まります。

<< SEASIDE CINEMA 2019 ~THEATER RED BRICK(シアター赤レンガ)~ イベント概要 >>
■日時:2019 年5 月1日(水・祝)~5月5日(日・祝)
各日 19:00 ~
※雨天・強風時は中止の場合あり
■会場:赤レンガパーク(Yokohama Frühlings Fest 2019 KIDS PARK内)
■入場料:無料 ※事前予約不要、飲食物の持込可
■主催:横浜赤レンガ倉庫( ㈱横浜赤レンガ/( 公財) 横浜市芸術文化振興財団)
■シアタープロデュース& クリエイティブ:Do it Theater
■備考:アウトドア用クッションや敷物、チェアなどをご持参ください( テントの設営は不可)

スタジオ地図全面協力の下、史上初となる細田守監督5作品の野外上映︕!

5月1日(水・祝)「時をかける少女」

筒井康隆の小説を再構築し、初のアニメーション映画化。タイムリープという、過去に跳べる能力を手にした女子高校生の真琴は、自分の過去をやり直していくうちに「人生のかけがえのない時間」の意味を見つけ出していく――。瑞々しいひと夏を描いた青春物語。

©「時をかける少女」製作委員会2006

5月2日(木・休)「サマーウォーズ」

数学だけが取り柄の少年“健二” が、長野の田舎で憧れの先輩“夏希”とその親戚達とともに、“OZ “と呼ばれる仮想世界から勃発した危機に挑む。
インターネットと田舎の大家族と言う全くかけ離れたモチーフを、豪快なバトルと繊細な人間ドラマで魅せる夏のアクション家族映画。

©2009 SUMMERWARS FILM PARTNERS

5月3日(金・祝)「おおかみこどもの雨と雪」

“おおかみおとこ” と恋に落ちた“花” は、“雪”と“雨” というふたりの“おおかみこども” を授かるが、彼は帰らぬ人に。残されたこどもたちが、“人間”と“おおかみ” どちらの生き方も選べるように、花は大自然豊かな田舎町へと移り住む。母と子の13 年間にわたる親子の物語。

©2012「おおかみこどもの雨と雪」製作委員会

5月4日(土・祝)「バケモノの子」

ある日、ひとりぼっちの少年・九太は、強さを求めて、バケモノ・熊徹に弟子入りをする。当初はことあるごとにぶつかり合うふたりだったが、修行の日々を通して、共に成長し、いつしか、まるで本当の親子のような絆を育んでいく。
こどもの成長を祝福する沢山の父親たちの物語。

©2015 THE BOY AND THE BEAST FILM PARTNERS

5月5日(日・祝)「未来のミライ」

甘えん坊の男の子"くんちゃん"と未来からやってきた妹〝ミライちゃん"が織りなすちょっと変わった「きょうだい」の物語。
家一軒と庭一つ、どこにでもあるたった一つの家族を通して、生命の大きな循環、人の生の織りなす巨大なループを描き出す。

©2018 スタジオ地図

細田守PROFILE

PROFILE:映画監督/細田守(MAMORU HOSODA)
1967年、富山県出身。東映動画(現・東映アニメーション)でアニメーターおよび演出(監督)として活躍後、フリーに。『時をかける少女』(06)『サマーウォーズ』(09)を監督し、国内外で注目を集める。2011年、自身のアニメーション映画制作会社「スタジオ地図」を設立し、『おおかみこどもの雨と雪』(12)、『バケモノの子』(15)、『未来のミライ』(18)を発表。『未来のミライ』はカンヌ国際映画祭・監督週間に選出。米国アカデミー賞長編アニメーション映画賞ノミネート。ゴールデン・グローブ賞アニメーション映画賞ノミネート。アニー賞長編インディペンデント作品賞を受賞し、海外でも高い評価を得た。(撮影/神藤 剛)



スタジオ地図 齋藤優一郎プロデューサーコメント
この度、歴史ある横浜赤レンガ倉庫で、また『未来のミライ』の舞台でもある横浜の地で、「米国アカデミー賞ノミネート記念 細田守監督特集」をテーマに細田守監督5作品を上映させて頂けることを、とても光栄に思っています。
そして、今年は『サマーウォーズ』公開から10年目の年でもあります。是非、横浜の美しい夜空の下で、子ども達も、そして大人達も一緒になって「よろしくお願いしまぁぁぁすっ!!」と叫んでくださると、とても嬉しいです。

SHARE

おすすめのイベント